メルマガ · 2022/11/27
前回のモニタ診断の補足 モニタ診断とは ツールを使って行いますが PC診断の機能を使うというより PLCがRUNしているプログラムを モニタすることです モニタが実質の診断になることを お伝えしました モニタでプログラムを診ることで 何が起きているか? アラーム発生機能が あるのかの問題になります アラーム発生機能とは 人が痛みを訴える場面と 同様です...
メルマガ · 2022/11/26
今回は、改めて モニタ診断について学びます (1)なぜモニタか? 1.PLCはコンピュータです 1つのコンピュータを 診断するとは内部を診ること 2.内部を診るとは PLCを、患者さまと考える お医者さまは 聴診器を使うが PLCは、専用ツールを使う 専用ツールとは パソコンを使って PLCと接続する 3.モニタとは、 聴診器ではなく、 PLCにUSBケーブルを使ったり...
メルマガ · 2022/11/25
今日は内部について 学びます 内部とはPLCを使った システム全体の内部です システム全体なので 範囲は広くなります (1)どう診断するか 1.PLCはツールを使います 三菱PLCの代表ツールは GX-Works2です 2.診断するには複数PLCを 使ったシステムの場合 CC-LinkやEthernetなどで シーケンサどうしが 接続している場合があります その場合は、 ナビゲーションウィンドウの...

メルマガ · 2022/11/23
インプット障害について 設備が運転するためには インプットが始まりです よくある事例として センサーのトラブルです (1)なぜか? センシング対象はさまざま 1.ワークの検出 ワークが有る無し ワークの材質 ワークのエッジ(端面) ワークを見るだけでも いくつもの視点が必要 2.インプット障害が発生する現象とは 人の場合は、...
メルマガ · 2022/11/22
今回から医療体制から学ぶ トラブル対応の具体例です まずは 外科的なトラブル 外部障害について (1)現象把握 1.まずは外的トラブルとして 現場の情報収集 人への障害がないか? アラーム番号の記録 サーボエラーなどの機器の エラー番号の記録 2.何と何が干渉したのか アクチュエータの障害 ワーク加工時の干渉や ワーク搬送時の落下など 1次の障害を確認...
メルマガ · 2022/11/21
設備トラブルの対応は、 医療体制から学ぶ 医療体制は、 人のトラブルを対策するために 専門家をつくるところから 始まりますが 専門の体制をつくることが 目的です では、 どんな問題があるのでしょうか? どんな治療が必要になるか? 医療には外科と内科が あるように 設備のトラブルにも 外科と内科の側面で 考えてみます (1)外科は外部になります...
メルマガ · 2022/11/19
トラブル対応の体制づくりについて 学びます。 (1)トラブルとは? 1.人の場合は、 病気や怪我、災害などありますが トラブルに関わった人が通報します 2.設備の場合は、 機械などの装置で発生する アラームや衝突などの不具合が トラブルです 通報は救急車やドクターはいませんので 関係者が判断して通報になります 3.問題への対応は...
メルマガ · 2022/11/18
トラブル事例が多いのは インタフェース系ですね インタフェースには 外部と内部があります 今回は、 内部のトラブル事例を学びます ・通信ユニット ・サーボユニット 1.最近は、通信が多いですが 問合せが多いのはサーボ系です サーボ系もインタフェースが 問題になります 2.サーボ系は インターロックの取り方も 異なります 通常の入力信号のように...
メルマガ · 2022/11/17
トラブル対応の体制づくりについて 学びます。 (1)トラブルとは? 1.人の場合は、 病気や怪我、災害などありますが トラブルに関わった人が通報します 2.設備の場合は、 機械などの装置で発生する アラームや衝突などの不具合が トラブルです 通報は救急車やドクターはいませんので 関係者が判断して通報になります 3.問題への対応は...
メルマガ · 2022/11/17
現場で立ち上げ時にトラブルが多いのは パラメータ設定です (1)なぜうまくいかない? 1.ハードウェアのミス 昨今は通信系のケーブルで 接続先が間違えやすい 2.つながらないのは ハードかソフトか? 切り分けが勝負 3.相手先がモニターできない パラメータ設定で つながりが変わる (2)ポイントは何か? 1.ハードかソフトかを 最初に判別できるか?...

さらに表示する